ROBERT BEATTY

You are currently browsing the archive for the ROBERT BEATTY category.



© 2017 Spacebomb Records.

Produced and Engineered by Gus Seyffert
Assistant Engineering by Sean Cook
Mixed by Thom Monahan
Recorded at Sargent Recorders, Los Angeles, CA
Mastered by JJ Golden at Golden Mastering
All songs written by Bedouine
Artwork by Robert Beatty
Photographs by Polly Antonia Barrowman

(Spacebomb Sessions) Arrangements Produced by Matthew E. White
Strings & Winds Arranged by Trey Pollard
Conducted by Trey Pollard
Strings Contracted by Treesa Gold
Recorded at Spacebomb Studios by Adrian Olsen

Art Direction and Design by Travis Robertson
Artwork by Robert Beatty
Photographs by Polly Antonia Barrowman



ベドウィン(本名はアズニフ・コルケジアン)は、シリアのアルメニア人のファミリーに生まれ、サウジアラビア経由でアメリカにやって来た女性で、現在はエコー・パークのミュージシャンたちとも繋がっているLAのサウンドデザイナーだそう。ガス・セイファート(ベック、ザ・ブラック・キーズ)と組み、3年の歳月をかけてレコーディング(スモーキー・ホーメル(Tom Waits, Joe Strummer, Johnny Cash)も参加)、その音を携えて自らアプローチしたヴァージニア、リッチモンドのマシュウ・E・ホワイトのもとへ。メンフィス・ソウルや「ダスティ・イン・メンフィス」風のアプローチはマシュウ・E・ホワイト=Spacebombスタジオ・サウンドの十八番だけれど、とりわけトレイ・ポラード(Spacebombの作品の他、フォクシジェンの最新作『ハング』も)のストリングスのアレンジがスゴクスバラシイ。そしてカリフォルニアに戻ってミックスを仕上げたのがトム・モナハン(Pernice Brothers, Devendra Banhart, Vetiver)だったという、或る意味、理想的なルート。映像が脳裏に浮かぶようなカントリー・ソウルにレナード・コーエン、ジョニ・ミッチェル=ローレルキャニオンSSWの風趣も髣髴とさせるようで、もとてもウェルメイドな作品デス。